薬物依存症に踊らされない

人は皆弱い生き物です。だからこそ薬物に依存する人間をこれ以上増やさないためにも戦わなくてはいけないと思います

薬物依存している人には献身的にサポートしよう


薬物依存の恐ろしさとは

 

薬物依存にいったんはまり込むと、自分では抜け出せないくらいに強い欲求に動かされて、もはや他の助けを借りなければコントロールできないくらいになります。

薬物を使った人にしか分からない昂揚感や陶酔が得られる代わりに、同様にその人にしか実感でき名苦しみや乾きみたいなものに苦しめられるのです。

薬物が欲しいあまりに、盗み、万引きや強盗といった犯罪にまで手を染めさせるほどの強力な渇望の感覚を与えるので、薬物には絶対に手を出すべきではないのです。

自分でコントロールできないほどになると、様々な禁断書状が表れてきて、正常な生活が送れなくなってしまうほどになるので、周囲の人にも明らかにこれはおかしいと分かります。

薬物依存の後遺症は後々までついて回りますので、その人の一生を左右する深刻な問題になります。

しかも厄介なところ歯、薬物に耐性ができてくるともっと量を必要とするので、歯止めが利かなくなることです。

そうすると生活のなにもかもがどうでもよくなるくらいです。

 

薬物依存になってしまったら

 

自分ではだめだと分かっても、やめられないのが薬物依存の怖いところです。

麻薬や覚せい剤といった薬物では、専門的な治療と監視、指導の下で適切な離脱が行われなければ、時には人生の危機的な状況や命の危険にも及びます。

理性ではコントロールできない難しさから、薬物依存に陥ったことが無い人には想像もできないような苦しみが待ち構えています。

依存症になってい待った人を責めるばかりではなく、気持ちの面から支えていかないと、ますます自分を追いつめて自暴自棄にもなりかねません。

わかっていてもやめられない、理性ではどうにもならないのだという事実を、もっと周囲が理解しなければ、当事者は自分を責めるばかりで孤独感にさいなまれます。

薬物を使ってしまったことはもちろん法律に違反していますし、厳しく罰せられるべきですが、せめて治療中は本人が自分の人生をなげうたないように、適切なサポートで支えてあげなければならないのではないでしょうか。

 

薬物依存から抜け出すためには

 

薬物依存はすぐに治るものではないので、長期間かけて忍耐強く治療に取り組む覚悟を持ちましょう。

薬物をいきなり一切立つのは難しいので、専門的な医療機関や施設の元で危険な状態にならないために適切な指導を受けながら、少しずつ薬物の依存から抜け出すために体を慣らしていきます。

身体的な依存症を和らげるのはもちろん、精神的な依存のコントロールも適切に行わなければならないので治療は少々複雑で大変なものになります。

薬物の代わりになるもの、代わりに没頭できたり打ち込んだり、楽しめるものに気づいたり新しく見つけることが、精神的な薬物依存を断ち切るためのカギになってくるでしょう。

薬物依存は強力な依存性を持っていて一筋縄ではいきませんので、自分だけでその押さえがたい欲求をコントロールするのは難しく、必ず知識の豊富な人のサポートと精神的に支えてくれる人がいなければうまくいきません。

自分と同じ依存から抜け出すための仲間もいると、励みになりますね。

Copyright(C)2014 薬物依存症に踊らされない All Rights Reserved.